マグニチュードとは? – 地震計の勝島製作所
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 地震コラム
  4. マグニチュードとは?
BLOG

ブログ

地震コラム

マグニチュードとは?

地震の大きさを表す「マグニチュード」についてご説明します。


マグニチュードとは?

マグニチュードとは、地震波で放出されるエネルギーの対数をとったもので、地震そのものの大きさ(規模)をあらわす数値として利用されています。単位はありません。マグニチュードは、通常は複数の地震計の最大振幅などを用いて計算されています。

マグニチュードとエネルギーの関係式
log10E=4.8+1.5M (Eはエネルギー(ジュール) Mはマグニチュード)

マグニチュードが 1 増えると、エネルギーは10の1.5乗倍≒32倍 となります。
地震のエネルギーの大きさと、マグニチュードの数字の大きさは正比例していません。
マグニチュード8の地震で放出されるエネルギーは、マグニチュード6の地震で放出されるエネルギーの32倍×32倍で、1000回分ということになります。

地震エネルギーの大きさ

エネルギーの単位であるJ(ジュール)は、他のエネルギーを発するものと比較できます。

広島型原爆のエネルギーがマグニチュード6相当(63TJ(テラジュール:テラは10の12乗))と言われてます。大きな地震と言われるマグニチュード8の地震は、その32×32となりますので、広島型原爆1000発分のエネルギー約63PJ(ペタジュール:ペタは10の15乗)が震源域から発せられていることになります。

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)はマグニチュード9.0(2.00 EJ(エクサジュール:エクサは10の18乗))と言われています。

ジュールはカロリーに代わるエネルギー・熱量の国際単位で、1cal は 4.184J になります。1リットルの水の温度を1℃上げるのに必要なエネルギーは 1000cal = 1kcal = 4184J ということになります。
単位の前に付く符号は、
1,000 は K(キロ)
1,000,000 は M(メガ)
1,000,000,000 は G(ギガ)
1,000,000,000,000 は T(テラ)
1,000,000,000,000,000 は P(ペタ)
1,000,000,000,000,000,000 は E(エクサ)
という意味になります。

地震観測ができるようになった1900年以降の地震で1番マグニチュードが大きかった地震は(諸説ありますが)1960年のチリ地震でマグニチュード9.5(11.2EJ エクサジュール)と言われており、東日本大震災のマグニチュード9.0と比較すると数字上は0.5の違いでしかありませんが、約6倍弱のエネルギーが発せられていたことになります。2019年における日本国内において1年間に発電された電力量は総量で3.68EJ(電力事業連合会HP 2019年度電源別発受電電力量の推移グラフから換算)ですので、歴史的な大地震においては、どれほど大きなエネルギーが震源域から放出されているかご理解いただけるかと思います。

関連記事

GPSロールオーバーとは?
震度とは?
展示品になっている当社製の地震計
地震計にGPSアンテナが必要?
AccuSEIS Omni〜永年の名機の終売に際して〜
地震計で記録される波形