震度とは? – 地震計の勝島製作所
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 地震コラム
  4. 震度とは?
BLOG

ブログ

地震コラム

震度とは?

地震じしんこるとになる「震度しんど」。震度しんどについて簡単かんたんにご説明せつめいします。

おなじく地震じしんおおきさをしめすマグニチュードについては、「マグニチュードと震度しんどのページをご参照さんしょうください。

リアルタイム地震波形じしんはけい不定期ふていき公開中こうかいちゅう

新型しんがた 計測震度計けいそくしんどけい AccuSEISあきゅさいす Lyraらいら標準ひょうじゅん機能きのうである、Webうぇぶブラウザを使っての「パネル表示ひょうじ画面がめん」をYoutubeを使つかって公開こうかいしています。(機材きざいやりくりの関係かんけいで、停止ていしすることもあります)

地震計じしんけい勝島かつしま製作所せいさくしょYoutubeチャンネル」をごらんください

したのコードをスマホのカメラからることで、youtubeチャンネルがごらんになれます。


震度とは?(しんどとは?)

震度しんどとは、ある場所ばしょでの地震じしんおおきさの「程度ていど」をあらわしたもので、単純たんじゅんれのおおきさだけではなく、その地震じしん人間にんげん体感たいかん一般的いっぱんてき建物たてものあたえる影響えいきょうがどれくらいの「程度ていど」になるか推定すいていしてめられます。

過去かこには、気象台きしょうだい職員しょくいんさんの体感たいかんや、周囲しゅうい被害ひがい状況じょうきょうにより、その地域ちいき震度しんどめられていた時代じだいがありました。しかしこれでは震度しんど判断はんだん個人差こじんさてしまう可能性かのうせいがあることや、観測網かんそくもうこまかくできない(気象台きしょうだい都道府とどうふ県単位けんたんいになる)などの問題もんだいがありました。

このような問題もんだい解決かいけつするため、1996ねん4がつからは「計測けいそく震度計しんどけい」によって自動じどう計算けいさんされた震度しんど使つかわれています。現在げんざいでは、気象庁きしょうちょう防災ぼうさい科研かけん地方ちほう公共こうきょう団体だんたい都道とどう府県ふけん区市くし町村ちょうそん)によって設置せっちされた震度計しんどけい日本にっぽん全国ぜんこく整備せいびされており、地震じしん発生時はっせいじには市町しちょう村単位そんたんい場所ばしょによってはさらにこまかい区域くいきでの震度しんど気象庁きしょうちょう集約しゅうやくされたうえ発表はっぴょうされるようになっています。

体感と震度(たいかんとしんど)

気象庁きしょうちょうから、震度しんど震度しんど階級かいきゅう)ごとの「ひと体感たいかん行動こうどう」がしめされています。
1996ねん4がつ以前いぜんは、これらの体感たいかんや、被害ひがい状況じょうきょうから震度しんど決定けっていされていましたが、現在げんざい震度計しんどけいにより計算けいさんされたあたい震度しんどとしてあつかうようになり、下表かひょうにある「ひと体感たいかん行動こうどう」はその目安めやすとなりました。

気象庁きしょうちょうHP「気象庁きしょうちょう震度階級しんどかいきゅう関連かんれん解説表かいせつひょう」より

震度しんど階級かいきゅう ひと体感たいかん行動こうどう
0 ひとれをかんじないが、地震計じしんけいには記録きろくされる。
1 屋内おくないしずかにしているひとなかには、れをわずかにかんじるひとがいる。
2 屋内おくないしずかにしているひと大半たいはんが、れをかんじる。ねむっているひとなかには、ますひともいる。
3 屋内おくないにいるひとのほとんどが、れをかんじる。あるいているひとなかには、れをかんじるひともいる。ねむっているひと大半たいはんが、ます。
4 ほとんどのひとおどろく。あるいているひとのほとんどが、れをかんじる。ねむっているひとのほとんどが、ます。
5じゃく 大半たいはんひとが、恐怖きょうふおぼえ、ものにつかまりたいとかんじる。
5きょう 大半たいはんひとが、ものにつかまらないとあるくことがむずしいなど、行動こうどう支障ししょうかんじる。
6じゃく っていることが困難こんなんになる。
6きょう っていることができず、はわないとうごくことができない。れにほんろうされ、うごくこともできず、ばされることもある。
7 っていることができず、はわないとうごくことができない。れにほんろうされ、うごくこともできず、ばされることもある。

地震波形と震度(じしんはけいとしんど)

震度しんどはディジタル収録しゅうろくされた地震じしん波形はけい加速度かそくど波形はけいから計算けいさんされますが、その計算けいさん単純たんじゅんなものではありません。震度しんどもとめるために、まず「計測けいそく震度しんど」という数値すうちもとめる必要ひつようがありますが、その手順てじゅん以下いかとおりです。

気象庁きしょうちょうHPより抜粋ばっすい

1. ディジタル加速度かそくど記録きろく成分せいぶん水平動すいへいどう成分せいぶん上下動じょうげどう成分せいぶん)のそれぞれの フーリエ変換へんかんもとめる。
2. 地震波じしんは周期しゅうきによる影響えいきょう補正ほせいするフィルターをける。
3. ぎゃくフーリエ変換へんかんおこない、時刻歴じこくれき波形はけいにもどす。
4. られたフィルター処理済しょりすみの3成分せいぶん波形はけいをベクトルてき合成ごうせいをする。
5. ベクトル波形はけい絶対値ぜったいちがあるあたい a 以上いじょうとなる時間じかん合計ごうけい計算けいさんしたとき、これがちょうど 0.3びょうとなるような a をもとめる。
6. 5.でもとめたaを、 I = 2 log a + 0.94 により計測けいそく震度しんど I を計算けいさんする。計算けいさんされたIの少数第しょうすうだい四捨ししゃ五入ごにゅうし、少数第しょうすうだいてたものを計測けいそく震度しんどとする。

非常ひじょうにざっくりいうと、収録しゅうろくされた地震じしん波形はけいなかから、一般的いっぱんてき建築物けんちくぶつ影響えいきょうあたえる周波しゅうは数帯すうたい成分せいぶんだけをして(「2. フィルターをける」の部分ぶぶん)、そのなかで、一瞬いっしゅんだけおおきなれがあってもそれが建築物けんちくぶつらすまではしないので、れのなかで、規定きてい秒数続びょうすうつづいたれのおおきさをさがす(「5. これがちょうど0.3びょうとなるようなaをもとめる」の部分ぶぶん)ということになります。これによってもとめられた計測けいそく震度しんどあたいから震度しんどもとめます。

気象庁きしょうちょうHP「気象庁きしょうちょう震度しんど階級表かいきゅうひょう」より抜粋ばっすい

震度しんど階級かいきゅう 計測けいそく震度しんど
0 0.5未満みまん
1 0.5以上いじょう1.5未満みまん
2 1.5以上いじょう2.5未満みまん
3 2.5以上いじょう3.5未満みまん
4 3.5以上いじょう4.5未満みまん
5じゃく 4.5以上いじょう5.0未満みまん
5きょう 5.0以上いじょう5.5未満みまん
6じゃく 5.5以上いじょう6.0未満みまん
6きょう 6.0以上いじょう6.5未満みまん
7 6.5以上いじょう

震度100は存在しない?(しんど100はそんざいしない?)

気象庁きしょうちょうによって震度しんどは「7」までしか規程きていされていません。ときどき「震度しんど8の地震じしんえる!」といううた文句もんくかかげている製品せいひんや「震度しんど100の地震じしんたら?」というネットじょう記事きじかけますがそれはあやまった表記ひょうきです。震度しんど6きょうえる地震じしんはすべて震度しんど7になります。天地てんちがひっくりかえるような地震じしんでも震度しんど100はもちろん、震度しんど8にもなりません。

マグニチュード100はそんざいする?

震度の役割(しんどのやくわり)

おおきな地震じしんだった」「ちいさな地震じしんだったので大丈夫だいじょうぶ」。地震じしんあと発表はっぴょうされる震度しんどは、おおくのかたにとってこれらの判断はんだん基準きじゅんになっています。
地震じしん発生はっせい直後ちょくごの、まだ被害ひがい状況じょうきょうえてないなかで、防災ぼうさい関連かんれん初動しょどう基準きじゅんとされているのも震度しんどです。たとえば、震度しんど5強以上きょういじょう地震じしんがあったさいには、鉄道てつどう会社かいしゃ設備せつび目視もくし点検てんけんをするという基準きじゅんもうけていたり、震度しんど4以上いじょう地震じしんがあったさいにはダムや空港くうこう滑走路かっそうろ)の緊急きんきゅう点検てんけんおこわれる基準きじゅんもうけられていたり、震度しんど5程度ていどでガスの供給きょうきゅう自動じどう停止ていししたりと、様々さまざまなインフラ関連かんれん施設しせつ震度しんど基準きじゅんとして防災ぼうさいのための初動しょどう活動かつどうめています。おおくのところで、震度しんど我々われわれ生活せいかつ影響えいきょうあたえる基準きじゅんとなっているのです。

関連記事

展示品になっている当社製の地震計
地震計で記録される波形
「ほぼ」100均のもので作る手作り地震計(第一回)
地震計の勝島製作所 製品画像
地震計の仕組み(当社SD型検出器とサーボ加速度計の違い)
地震計と震度計の違いとは?
地震計の勝島製作所 画像
ダムに地震計が使われている理由